消毒用エタノールがあれば、イヤなニオイを完全除去できる!いろんなシーンで使えて重宝してます

当サイト「まんじゅうブログ」内に、こんなツールを作ってみました!
お子様に漢字を伝えるときなどにご活用ください!
漢字拡大くん(文字拡大表示ツール)

最近はアルコール消毒でもいろんな製品がありますよね。

我が家にもいくつかありますが、この商品がコスパ抜群で、まとめ買いしています。

消毒用エタノール
買い溜めしてある消毒用エタノール

子供ができる前から愛用しているのですが、子供ができて使えるシーンがさらに広がりました。

目次

革靴のニオイ除去・予防 ~アルコール消毒との出会い~

もうかなり昔のことですが、新卒で会社に入った頃、革靴のムレに無茶苦茶悩まされました。外回りをすることもあったので、蒸れる蒸れる…。デスクでは靴を脱ぐようにしていたんですが、臭いが気になるんですよね。回りに人がいるときは極力脱がないようにしてました。

石鹸、制汗スプレー、ブラシの絵

その時は、いろいろ試しました。制汗スプレー(ロールオンタイプ含めて)とか、石鹸を替えてみるとか、足はブラシで洗うとか、デスクの下の足元に無香空間を置くとか、靴は3、4足でローテするとか…。とにかくいろいろやりましたが、悲しいことに効果は全然無かったです。

一度靴にニオイが着くと取れないんですよね。どうやっても。いろいろ試してそれが分かりました。

半ば諦めかけていたのですが、なんとかならんもんかとネットで調べていると、ニオイのもとは雑菌が原因だと見つけたんです。よく、洗濯洗剤のCMでもやってますよね。部屋干しの嫌なニオイは雑菌の繁殖のせいだ、とか。確かに、革靴に雑菌が着いている状態だと、いくら足自体をキレイにしても意味がないわけで。制汗スプレーをしても、菌を殺せるわけではないんですよね。

そこで、消毒用アルコールなら除菌できるからいいのでは?と思い、ドラッグストアでスプレータイプの消毒用エタノールを購入して試してみました。

100均の霧吹きボトルに移した消毒用エタノール
今は100均の霧吹きに詰め替えて使ってます

すると、これが効果バツグン!ニオイがまったく気にならなくなりました。これにはホントに驚きました。わかってしまうと単純な仕組みで、菌が繁殖してニオイになる、だから除菌・殺菌すればニオイはなくなる、ということなんですね。

こういうことを学校の生活の授業とかで教えた方がよっぽど役に立つんじゃないか!と、思い悔やんだのを今でも覚えています…。

私は朝の出掛ける直前に、靴のなかをびちょびちょにするくらいかけてます。もはや霧ではなく、霧吹きを水鉄砲モードにして使っているくらいです。もちろんそのまま履くので靴下もびちょびちょになりますが、アルコールなので比較的すぐ乾きます。靴下と足も消毒できる気がしてそうしてます 笑。気になる方は、出掛ける少し前に吹き掛けておいて、乾いた頃に出掛けられるようにしておけば良いと思います。

消毒用エタノールを革靴に使っているところ
消毒用エタノールを革靴に使っているところ
左が吹き掛ける前、右が吹き掛けた後。
これくらいたっぷり吹き掛けてます。

ちなみに、帰宅後はそのまま放置です。帰宅後にも吹きかけておいた方がより良いとは思いますが、私の場合は出掛ける前で十分です。(私が大丈夫ならみんな大丈夫じゃないかと…)

革靴にアルコールは良くないんじゃないかと最初は心配したんですが、全く問題ないです。ここ3,4年履いてる靴にも異常なしです。もちろん、アルコールをかけるのは内側のみですが。ちなみに私が履いてる靴は、1足1万円程度のものです。本革ですが、変色するとか特段の変化はないです。

さらに、100均で売っている小型のスプレーボトルに入れておけば、外出先でもシュッっとできるので、 夏の暑い日だったり、歩き回ることが多いような日にも安心です。

折り畳み傘にも使えるぞ

という感じで、消毒用アルコールの素晴らしさに目覚めたわけです。除菌というものをまさに実感しました。今では革靴だけでなく様々使ってます。

まず、折り畳み傘です。生乾きのようなニオイがするという方、意外と多いんじゃないでしょうか?移動中に濡れたまま折り畳んだり、カバンにしまったりと、しっかり広げて干さないとニオイが着いてしまうんですよね。

消毒用エタノールを折り畳み傘に使っているところ

そこで、私は折り畳み傘を使ったあとは、雨水を乾かしてから、畳む前に全体にアルコール霧吹きを吹き付けてます。気になるときは傘の内側にも。その後、消毒用アルコールを乾かしてから畳んでいます。これで、変なニオイ残りもありません。ちなみに、移動中に傘ケースにしまっているのですが、これにもシュシュっとしてます。

子供の食べこぼしにも必須だ

子供がいる場合には、子供の食べこぼしを拭く際にも使えますね。食べこぼしは食事するときは毎回のことなので、特に、牛乳とか、油ものとか、後々影響してきそうなものの場合は、すぐに消毒用アルコールを吹きかけてティッシュで拭くようにしています。

消毒用アルコールのウェットティッシュとかも売ってますが、霧吹きの方がコスパはいいですね。ただ、ウェットティッシュタイプも便利なので、使い分けるのも良いかもしれませんね。

消毒用エタノールをフローリングに使っているところ

あとは、子供が食べたものを吐いてしまったとか、お漏らししてしまったとか、というときにも欠かせないアイテムになってます。

まだまだあるぞ、使えるところ。活用シーンはあなたのアイデア次第

まだまだあります。使えるところ。

ごみを出したあとのゴミ箱にも朝シュッとして行きます。特に、オムツのゴミはとてもニオウので、毎回サッと吹き掛けておけば安心です。

消毒用エタノールをゴミ箱に使っているところ

また、車のシートやチャイルドシートにも良く使います。子供がお菓子をこぼしたり、汗をかいたりと、なかなか恐ろしいことになってますが、そんなところこそアルコール霧吹き。専用の商品もありますが、消毒用アルコールで十分なのかなと。ただ、一つだけ注意頂きたいのが、車を使う前に吹き掛けてしまうと、消毒用アルコールが車内に充満した状態で乗り込むことになるので、大変危険です。必ず、車を降りるときなど、使わないときに吹き掛けるようにしてください。

帽子なんかにも使ってます。洗うと型崩れするのが嫌なんですよね。なので、汗かいたなー、っていう時には内側にもシュシュっとするようにしてます。

というように、我が家ではなくてはならない存在になってます。是非試してみてください。

そういえば、書いていて気付きましたが、ウチでは手の消毒には使ったことないですね。ハンドソープで十分かなと。

やずや広告やずや広告
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次