山梨県立富士湧水の里水族館

山中湖から北西に行ったところ、忍野八海の近くに「富士湧水の里水族館」があります。

屋内で楽しめる施設なので、山中湖まで遊びに来たけど天気が悪かった!ときなんかに、代替案として使えるのではないかと思います。

そんな私も、本当は山中湖で水陸両用バスのKABAに乗る予定だったのですが、雨が降ってしまったので予定を変更し、この水族館に来ました。

なお、ここは公園が併設されているので、晴れていれば公園と水族館の両方を楽しむことができそうです。アスレチックもあるみたいです。

目次

淡水魚にフォーカスした水族館

ここの水族館は、淡水魚を専門に扱う水族館です。そのため、一般的な水族館と比べると個々のスケールは劣りますが、水はキレイで中が見やすく、むしろ小さい子供には丁度良いかもしれません。

うちの子供達もじっくりと見入っていました。

なんというか、川の中の様子を再現したジオラマのような感じで、見ていて面白い!

奥行きがない水槽なので、魚も見やすいです。

目玉の巨大二重水槽は大迫力

この水族館の目玉はなんといっても、この巨大な二重構造の水槽です。

入り口付近の小さな水槽とは違って、迫力があり幻想的な雰囲気も感じます。

本来は同じ水槽で飼うことができない魚達らしいのですが、二重構造にすることで分離しつつ、外からは一つの水槽に見えるようにしているみたいなんです。

工作コーナーやドクターフィッシュ、キッズスペースもある!

いろんな大きさの貝殻をグルーガン(接着剤)でくっつけて工作をするコーナーがありました。無料です!

ドクターフィッシュもいました。4歳の娘は最初は恐る恐る手をいれていましたが、すぐに慣れ、ハマってしまって中々その場を離れませんでした。

キッズスペースもありました。ぬいぐるみや、絵本などがあり、小さい子供が飽きてしまった時には、ここで遊ばせておくのがいいかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次