「トミカにぎやかサウンドタウン」は事前の補強が大事!

トミカが大好きな2歳の長男に買った「にぎやかサウンドタウン」。

パトカーや救急車などのサイレンの音を鳴らしたりしながらトミカを走らせて遊ぶことのできるおもちゃです。

長男は楽しく遊んでいるんですが、使ってみて感じたところを書いておきたいと思います!

目次

作りは、紙とプラの組み合わせ

組み立ては必要なく、買ったらすぐに遊ぶことができます。
ただ、プラの部品にはシールを自分で張る必要があります。

見ての通り、プラと紙の組み合わせで出来ているおもちゃです。なので…

紙の部分はカンタンに破れてしまいます。
特に、プラとの接続部分に力がかかると簡単に裂けてしまいます(上の写真みたいに)

これで遊ぶ2~6歳くらい?の子供なら、間違いなく破けると思っておいてよいと思います。

むしろ、破かずに遊ぶことは不可能じゃないかな・・・。

修理はプラ部分を取り外してから

破けたときはテープで張って直すことになりますが、プラの部品が付いたままだとうまくテープを張れないので、一度プラの部品を外した方が良いです。

こんな風に、プラの部品は裏からネジ止めされているので(水色のまるいところ)、そのネジを外してやるだけで取り外しができます。

水色の部品がワッシャーの役割見たいです。

ネジを外せば、取り外しはカンタン。上に持ち上げるだけ。

買ったらまず補強がおススメ

私が後悔したのは、「最初に補強しとけばよかった」ということです。

壊れそうな予感はしていたのですが、面倒で特に何もしていませんでしたが、ほどなくしてこんな状況に。
ちなみにここに載せている写真は、買って4~5か月くらいの状態です。実際に壊れたのはもっと早かったと思いますが。

おもちゃとしては、長男はそこそこ遊んでいるので、悪いものではないです。
なので、少し面倒ではありますが、買ってすぐ補強をしておくことをお勧めします!

壊れやすいのはプラとの接続部分なので、その箇所にテープを張り付けて頑丈にしてやるとよいと思います。上の写真のように。

トミカを並べて遊ぶことが好きな長男は気に入っているようです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次