Amazonで買った防犯カメラを設置してみた!後編

前回防犯カメラ設置に向けて材料の準備や配線を勧めてきました。

今回は、防犯カメラを設置するための設置台を木材(2×4材)で自作したいと思います。

コンセプトは外壁に傷をつけない!です。賃貸でも可能なので参考になれば嬉しいです!

今回使用した防犯カメラはコチラ↓

選んだ理由などは前回の記事をご参照ください!

なお、電源の配線など、電気工事士の資格が必要になりますのでご注意ください。

目次

2×4材で防犯カメラ設置台を自作!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_4755-scaled.jpg

設置台は2×4材でシンプルに作っていきます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_4864-scaled.jpg

外で雨風にさらされるので、塗装を入念にしています。

白を3回塗り、クリアを2回塗りしています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_4865-scaled.jpg

ベランダの柵に取り付けるため、台座部分に設置用の穴を空けます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_4867-scaled.jpg

インシュロックを通して巻き付けるように取り付ける予定です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_4890-scaled.jpg

もちろん、この穴の中も塗装で保護していきます。

雨水が染み込んで中から腐っていくことがないように。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_4893-scaled.jpg

少し面倒ですが、グリグリと中に塗り込んでいきます。

台座部分ができたので、柱を立てていきます。

台風などにも耐えられるよう、L字のアングルを使ってガッチリと固定します。

裏面からもコーススレッドを打ち込み万全の固定!

そしてこちらも、隙間に雨水が入り込んでサビないよう、アングルやネジはすべて塗装で埋めていきます。

木材と木材のつなぎ目も塗装で埋めました!バッチリ!

最後に上部に横板を取り付けて設置台は完成です!

設置台にPVKボックス取り付け

次に設置台にPVKボックス(配線を収納するボックス)を取り付けていきます!

可能な限り配線は露出させないようにしていきます!

配線を通す穴を空けます。

丁度良い大きさのドリルがなかったので、細いドリルで何回も穴を空けて少しずつ大きくしました。なのでキレイな穴ではないですが、見えないところなのでOK。

カメラの配線が無事通りました。

PVKボックスはビスで取り付けました。PVKボックスの背後にも配線が通るよう穴を空けています。

設置台にカメラ取り付け

カメラは設置台に直接ビス留めします。

取り付けたカメラの配線は、先ほど開けた穴を通して裏のPVKボックスに渡しています。

PVKボックスの中で電源ケーブルと接続します。

もう一つのカメラは前回の記事で紹介した通り、PVKボックスに直接取り付けています。

PVKボックスにはPF管(ケーブルを保護する管)を直接取り付けできるので、カメラからの配線を一切露出させずに設置できます。

インシュロックで穴を空けず、傷をつけずに取り付け

それではベランダの柵に取り付けていきます。

インシュロックで巻き付けるようにして設置します。

設置個所はココ。ベランダの柵に取り付けていきます。

柵部分に巻き付けるために、設置台の台座部分にインシュロックを通します。

100均に売っていたものは最長で30cmでした。少し長さが足りないので2つを継ぎ足して使います。

片手で支えながらの取り付けは少し難しかったですが、何とか取り付け完了。

6か所をインシュロックで固定しましたが、ガッチリと取り付けられました!

中々イイ感じです。

台を取り付けた後、近くまで持ってきていた電源ケーブルとカメラの配線をPVKボックスの中で接続します。

これで2台分の設置ができました。

残り2台も設置していきます。

日よけ雨除けを自作

残り2台の設置個所には屋根になる部分がありません。

そのため、今度は屋根も付けた設置台を自作します。

屋根は古いカラーボックスを正方形にカットして再利用しました。

もちろん、雨風に耐えられるよう厳重に塗装しました。棚を取り付けるための穴がたくさん開いているので、大変でしたが…。

屋根の位置は中央にするか少し迷いましたが(↑)、
画角の関係で端に設置することにしました(↓)

取り付け位置を決めたら、下穴を空けて、コーススレッドで固定します。

一方、この設置台に取り付けるPVKボックスは少し工夫します。

この設置台では、カメラを屋根に直接取り付けるため、そこからPVKボックスまで少しだけ配線が露出します。

PF管を通す穴は大きすぎるので、コードを通すだけの小さい穴を空けます。

金属製の丸やすりでガリガリ削ります。

2か所分穴を空けました。

隙間なく丁度良い穴が空きました♪ピッタリで気持ちいい!

ということで、設置台にカメラとPVKボックスを取り付けました!イイ感じです!

カメラからPVKボックスに配線が露出しているのが見えるかと思いますが、今回唯一の露出箇所です。屋根の中央下なので問題ないでしょう!

屋外配線をして完成!

設置台が完成したので、あとは屋外の配線をするだけです。

長い配線だと寸法を合わせるのが大変です。

屋内で少し長めのVVFケーブルをPF管に通し、現場で実寸に合わせ余分な分をカットします。

一人で作業するのはかなり大変。片手で押さえながら実寸に合わせてカットします。

PF管は90度に曲げるのが大変でした。90度のコネクタで接続する方がスッキリさせることができそうです。

養生テープで仮止めしています。ネジ留めで固定できる場合は90度の角度も問題ないですが、今回は外壁に傷をつけないよう屋外用両面テープで固定しています。

そうなると90度のコネクタで力をかけずに曲げてやる必要があります。

屋根付きの設置台は先ほどと同様、インシュロックで傷をつけずに設置しました!

無事設置が完了し、問題なく動いています。スマホで外出先からも確認できるのでとても便利

子供たちがベランダで遊ぶ時、部屋の中から監視するのにも使えて、なかなか便利です。何より、大きな安心感を得られたので、設置してよかったです!

最後までお読み頂きありがとうございました。
まんじゅう父さん 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次